ロコ・ソラーレのふるさと これがうちらのオホーツクール

2018.8.17 UP

Vol.17 置戸町

私もおすすめ! オケクラフト

本橋麻里

木目がきれいで、しかも軽い!こんな食器で親子丼食べてみたいなぁ。

吉田知那美選手と吉田夕梨花選手が顔をのぞかせているのがオケクラフト。
元の木を使用した特別な食器の秘密とは?

オケクラフト
http://okecraft.or.jp/

軽くて持ちやすい。北国の美しい木の食器。

オホーツクの山間の町、置戸町。土地面積の8割以上が山林である林業の町です。そんな地元の木を生かして作られているのが「オケクラフト」です。

オケクラフトとは、置戸町で作られた木製品。ボウルやお椀などの食器、家具やステーショナリーなどで知られる置戸町の地域ブランドです。地元のエゾマツやトドマツといった針葉樹を使っており、白い木肌に映える木目の美しさが特徴。軽くて持ちやすいため、子どもにも使いやすく、地元小中学校の給食食器にも使用されています。

地元の職人が手作り。お気に入りを見つけよう。

こうしたオケクラフトは、ひとつひとつ職人が手作りしたもの。木材を「木工ロクロ」と呼ばれる機械にセットし、高速で回転させて刃物を当てて削っていきます。町内にある「オケクラフトセンター森林工芸館」では、職人さんが制作する様子をガラス越しに見学することも可能です。

森林工芸館には、さまざまなオケクラフト製品が展示・販売されています。町内には20以上の工房があり、それぞれ風合いや特徴が異なります。オケクラフトを実際に手にとって、置戸町の木の温もりに触れてみませんか。

オケクラフトは、シンプルだけどモダンなデザイン。盛りつけるだけで普段のごはんがとってもオシャレになりますよ。
PAGE TOP