2022.03.31
オホーツク総合振興局

カーリングのまち北見で最先端の体験! アルゴグラフィックス北見カーリングホールに来てみませんか?

高度な戦略とテクニックが必要なことから、氷上のチェスとも言われるウインタースポーツ、“カーリング”。

冬季オリンピックでも、女子カーリングチーム『ロコ・ソラーレ』が日本代表として活躍するなど、日本国内でもカーリングに対する注目が高まっています。

 

そんな『ロコ・ソラーレ』ですが、実は、北海道北見市を拠点として活動しているということは知っていましたか?

北見市には、カーリングのストーンを模したオブジェが所々にあったり、実際にカーリングができる施設があったりと、カーリングは身近な存在なんです。

 

今回は、北見市の中心部にほど近いところにあるカーリングホール『アルゴグラフィックス北見カーリングホール』を紹介します。

 

北見市の中心部、JR北見駅すぐそばの乗り場からバスで15分ほど揺られると、氷でできたカーリングリンクを思わせるような、白を基調としたシンプルなデザインの建物にたどり着きます。

これが、アルゴグラフィックス北見カーリングホールです。

 

通年型のカーリングホールなので、季節に関係なく、室内でカーリングを楽しむことができます。

中に入ってみると、木のぬくもりを感じられる空間が広がっていて、ウインタースポーツの寒そうなイメージを忘れてしまいます。

大きな窓からは、競技を行う3つのシートを臨場感たっぷりに見ることができます。

思った以上に奥行きがあって、テレビの画面で見るだけではわからないダイナミックさを感じられます。

エントランスに備え付けられているモニターには、ハウス(中継でもよく見る、色のついた円でできた部分です)の様子が映し出されていて、試合の展開が良くわかるようになっています。

 

もちろん、見学するだけじゃなく、実際にカーリングの体験もできるようになっています。

カーリングに必要なブラシや靴、防寒具なども借りることができ、さらには、講師の先生に教えてもらうこともできるので、初心者でも安心してカーリングを体験することができます。

 

アルゴグラフィックス北見カーリングホールでは 、一般の方の利用だけではなく、トップアスリートへの支援にも役立っています。

ホールのすぐそばにある北見工業大学と連携し、冬季スポーツ科学研究の成果を実用化して、高度な競技力向上支援システムを導入しています。

ストーントラッキングシステムやモーションキャプチャシステム、画像解析システムなど、様々な最先端技術を活用して、トレーニング法や戦術の開発など、カーリングの競技力向上に役立っています。

アルゴグラフィックス北見カーリングホールは、カーリングチームの練習や大会、学校授業や観光体験など、幅広く活用できるように整備されています。

 

カーリングをする人はもちろん、したことがない人も気軽にカーリングができますので、興味がある人はぜひ遊びに来てくださいね。

 

https://www.kitami-curlinghall.info

(アルゴグラフィックス北見カーリングホールホームページ)

 

https://www.city.kitami.lg.jp/administration/education/detail.php?content=7914

(北見市ホームページ:アルゴグラフィックス北見カーリングホール)

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ