FIGHT!?これでいいのか!?オホーツク!真剣討論会
2017.12.7 in 東京農業大学北海道オホーツクキャンパス 北見工業大学VS東京農業大学VS村本大輔2017.12.7 in 東京農業大学オホーツクキャンパス 北見工業大学VS東京農業大学VS村本大輔
炎上芸人・村本、オホーツクでもやっぱり炎上!?地元学生代表がオホーツクについて激論を交わす!

外の気温は氷点下、会場内は大炎上!?オレの叫びを聞いてくれ!そう言わんばかりの熱い大演説が飛び出すのは炎上芸人・村本か、はたまた学生たちか。ケンカ寸前のオホーツクリアルボイス劇場、いざ開演!

大テーマ

あなたは、卒業後オホーツクに残る?残らない?

MC 根本さん

この度、司会を務めます、札幌吉本のお笑いコンビ・ゴールデンルーズの根本です。さっそく本日のゲスト、吉本興業所属ウーマンラッシュアワー炎上芸人こと村本大輔さんです!

村本さん

(入ってくるなり)あの〜今日オホーツクに来ることをツイッターに書いたら、この中の誰かだと思うんですけど、流氷で沈めてやると書き込んだ人がいるんですよね。

村本さんの第一声に、会場は爆笑。さすが炎上芸人、学生たちの期待を裏切りません。挨拶のあとは、討論会に参加する学生さんたちのご紹介です。

討論会参加者紹介

北見工業大学(北見市)

日本最北の国立大学で、工学部のみの単科大学。地域性を活かした「寒冷地・環境・エネルギー工学関連」の研究や、地域の産業を支える人材育成に積極的です。

  • 岡部さん(22)

    工学部バイオ環境化学科4年
    北見市出身

    オホーツクに残らない派

  • 佐久間さん(22)

    工学部情報システム工学科4年
    訓子府くんねっぷ町出身

    オホーツクに残らない派

  • 岩渕さん(23)

    工学部マテリアル工学科4年
    美幌町出身

    オホーツクに残る派

東京農業大学 北海道オホーツク
キャンパス(網走市)

日本で最大の農業系総合大学。北海道オホーツクキャンパスには生物産業学部の学生が在籍し、広大なフィールドで農業・漁業の研究や、地域産業と連携した学びを展開しています。

  • 西澤さん(22)

    生物産業学部アクアバイオ学科
    4年 神奈川県出身

    オホーツクに残らない派

  • 麻生さん(22)

    生物産業学部地域産業経営学科
    4年 東京都出身

    オホーツクに残る派

  • 原口さん(23)

    大学院生物産業学研究科産業経営学専攻博士前期課程 埼玉県出身

    オホーツクに残る派

MC 根本さん

6名の学生さんに登壇していただきます。ちなみに、北見工大の卒業生のうち、オホーツク管内に残る方は6%。一方、東京農大の卒業生では4.1%。未来を担う大学生の皆さんが、オホーツクにほとんど残らないというのは結構な問題!ということでテーマはこちらです!

大テーマ

あなたは、卒業後オホーツクに残る?残らない?

やりたいこと?見つかりません。<br>これ初任給?低すぎます。―オホーツクに残らない派の主張

討論会がいよいよスタート。まずは、オホーツクに残らない派の北見工大・岡部さんの主張からです。「生まれも育ちの北見なので、他地域の暮らしも経験してみたい」とのこと。

村本さん

その気持ちわからんでもないですよね。1人としか付き合ったことないから、他の人も知りたいみたいな(笑)。岡部くんは、どこで何をしたいとかあるんですか?

北見工大

岡部さん

内定先は札幌に決まっています。北海道が好きなので、北見からは出たいけど、北海道に残りたいみたいな感じです。

村本さん

なんで北見から出たかったの?北見市の行政担当の人も会場に来てるから詳しく(笑)。

北見工大

岡部さん

やりたいことがないし、楽しめる娯楽も、北見には少ないです。

北見は交通の便がよくないので、他の地域へ行きやすくなったら、北見を出る必要性がなくなるかもとフォローしてました。

続いては西澤さんと佐久間さん。2人は「就職を希望する職種や会社がオホーツクにはなかった」とのこと。IT企業志望の北見工大・佐久間さん。行きたい企業がオホーツクにあったら、北見に残ってもよかったかと聞かれると、

北見工大

佐久間さん

そうですね、まぁ、お金くれれば(笑)。

MC 根本さん

給料が足りないと。

村本さん

すごくリアルな意見ですよね。僕も今日、十勝がお金くれるのであれば、オホーツクではなく十勝の方に行ってました。

何とも素直なご意見の村本さん。ちなみに佐久間さんの地元は訓子府町。人口5000人程の農業の町で地元に残る若者は、8割ほどが農業の跡継ぎなんだとか。

村本さん

こっちに戻ってきてもいいかなとかは、ないの?

北見工大

佐久間さん

稼げれば、考えてもいいかなと。

次は、佐久間さんと同じ意見だった東京農大・西澤さん。西澤さんは関東の魚屋さんに就職することが決まっています。

村本さん

なぜオホーツクという海産がすさまじく素晴らしい町ではなく、関東の魚屋さんに就職したいと思ったの?え、逆にまずい海産をさばきたかった(笑)?

東農大

西澤さん

違います(笑)。給料がいいので。

村本さん

関東はいくら?

東農大

西澤さん

20万超えてくると思います。

村本さん

オホーツクは?

東農大

西澤さん

17万くらいでしょうか。

佐久間さん同様、西澤さんの口からも「給料」の話が飛び出します。とは言え、東京で給料がよければどこでもいいというわけではなく、日本一の魚屋を目指していると話す西澤さん。

村本さん

給料が同じ20万くらいで、日本中の魚が集まって、日本一目指してたらオホーツクにいた?

東農大

西澤さん

そしたらいました。

海の幸に恵まれたオホーツク。日本一の魚屋を目指せなくても、オホーツクの漁業にもいいところはあるはず。例えば北海道が誇るホタテ。

村本さん

(ホタテ漁師が)すげー金持ちになったりしてるの?

東農大

西澤さん

そうですね、そういうところも。

村本さん

東京に夢があるのはわかる。ただ、オホーツクから離れたとしても、オホーツクのいいところは語れてほしいですよね。オホーツクの魚のことなら任せろ!という。それが東京で武器になると思います。

次のページ ▶ 学生たちの不満はお金だけじゃない!